水の分子集団(クラスター)をサイズダウンさせる特許技術で誕生した「サイズダウン(SizeDown)」。
天然水を更に細かく改質したことで身体への吸収性を高め、全身で水本来のチカラが感じられる画期的な水。
美とダイエットの追求をサポートするクラスター浸透水です。

SizeDown サイズダウン

クラスター水「サイズダウン(SizeDown)」

販売価格:¥5,712 (税別)

数量:   

内容量1本500ml×24本入り
使用目安1本/1日
お気に入りリスト 商品についての問い合わせ メールで友達にすすめる

お客様のレビュー・口コミ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
ひろみこれから寒くなりますが、温かいお茶にして飲んでも効果は変...2015/11/14
 
庸子お水が甘く感じのは気のせいでしょうか?ボトルがお洒落でい...2015/09/05
 
新川トモフこの水を浅野さんにはなしをききのんでみました、私が糖尿病...2015/08/27
 
チョロピン知人に勧められ、6本セットを購入しました。さっそく飲んで...2015/07/02
 
その子2か月で血糖値が大幅に下がりました!血液がサラサラになり...2015/05/28
 
岡田登美江毎日飲んでいます。なんかすっきりです。多分これからずっと...2015/03/17
 
hirok飲み始めて一週間、いままでより汗がたくさんでます。 2014/09/13
 
鈴木 一惠まだ飲んで一週間ですが、なんとなく体にスーっと入り、体に...2014/07/01
 
keiko立ち寄った店で見つけました。試しにのんでみましたが、体に...2014/05/12
 
康子旅行をかねて訪れた先で、飲んで気に入ったので、お取り寄せ...2014/01/21
 
博美愛用者が凄いですね。試して見たいと思います。2013/11/27
 
貴子本当ですね。汗がでやすい!これからのシーズン、入浴時にピ...2013/10/24
 
石田千絵万年むくんでいる様な私でしたが、飲み始めて汗が出やすいで...2013/10/03
 
田代ゆか日曜日から飲み始めて4日目ですが、トイレが近くなった気が...2013/09/25
 
洋子最近、ブログなどでとても出ているので、気になって試してみ...2013/09/18
 
  page / 3 [次]

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

サイズダウンは、他の水と何が違いますか?
まず、こちらの映像をご覧ください。

水の分子集団が小さくサイズダウンしていることで、体の隅々に水として行きわたります。当然、水の役割である運搬、つまり酸素や栄養を届けやすくなると考えられます。
他の水と違う点は、このサイズダウンした小さな状態が、維持されていることです。通常の水は、温度の変化により、常温になると大きく集まろうとしますが、サイズダウンは、常温でもお湯のような状態であることが、優れている点と言えます。

サイズダウン(SizeDown)の特長


浄水器使用水・水道水・ミネラルウォーターはH2Oの分子集団によって構成されています。サイズダウン(SizeDown)は独自の改水技術により、H2Oの分子集団が小さくサイズダウンしているので、体内への浸透性・吸水性が高いのが特長です。


成分(100ml中)

エネルギー0kcalカリウム0.18mg
タンパク質0gマグネシウム0.41mg
脂質0gカルシウム1.8mg
炭水化物0g硬度63mg/ℓ
ナトリウム0.49mgpH値6.6

原材料について

北アルプス立山連峰は日本で最も雪の多い山岳地帯で、
冬には3000メートル級の山々に数十メートルもの雪が降り積もり、夏でも地表を覆う万年雪となります。
太古の昔から蓄積された万年雪はゆっくりと大地にしみ込み、いくつもの地下水脈となっています。

水源へのこだわり

雪のダムと自然のろ過フィルターでおいしくなる
全国屈指の水どころ北アルプス・立山連峰に積もった雪は、夏でも消えない万年雪となり、やがて清らかな雪解け水となります。自然の大貯水地である"雪のダム"から、季節を問わず水温の低い清冽な水が豊富に流れ出し、多くの名水を生み出しています。
「名水百選」に選ばれる水どころ
サイズダウン(SizeDown)の故郷である中新川郡は、「名水百選」の水源を2ヵ所も有する名水どころ。全国的にも珍しい扇状部が重なり合う「複合扇状地」で磨かれた立山連峰の天然水を、地中深くからボトリングしています。
空気に触れずに採水
「雄大な立山連峰の雪解け水は、30年かかってろ過される」と言われているそうで、雪解け水が滝のような急流で酸素に揉まれ、とても長い時間をかけて「複合扇状地」と言われる地層でろ過され、地下約40mより空気に触れず採水されています。

色々な雑誌に紹介されました

サイズダウン(SizeDown)は、いろいろなところでご紹介いただいています。

サイズダウンプログラム:基本マスター編

体重を落とすだけでは意味がない。一時的なものでも意味がない。
健康的で美しいスタイルを手に入れ、それを維持できる体質になる!
サイズダウンプログラムの「基本マスター編」をご紹介します。

サイズダウン(SizeDown)を使ったサイズダウンプログラム

サイズダウン(SizeDown)の魅力!アンケート

日頃飲んでいた水よりも柔らかくまろやか・滑らか

【 アンケート結果 233人中201人が YES!(86%)】
特許製法で生まれたサイズダウン(SizeDown)の常飲者の多くの方が「滑らかな飲み口に感じられる」と答えました。
分子集団(クラスター)がサイズダウンした状態と言うのは、通常の水で言うと温かく沸かした白湯(さゆ)のような状態の水を言います。
白湯を飲むという習慣のルーツは、アーユルヴェーダにあると言われ、体が弱った方、乳幼児などの飲み水として利用されて来た習慣があります。
サイズダウン(SizeDown)は、常温、冷温でもその白湯(さゆ)のような状態を維持する、特殊な技術で生まれたクラスター浸透水です。

「トイレに行きたくなってきた…」が増えた気がする

【 アンケート結果 233人中184人が YES!(79%)】
水の役割として、運搬と排出があります。クラスターが小さいことで、水本来の役割をしっかりと実感いただけた結果と思われます。ちなみに「汗の粒が細かくなった」と回答される女性も多数いらっしゃいました。

お腹に溜まらない感じがする

【 アンケート結果 117人中89人が YES!(75%)】
水を苦手とする女性の意見として「味が無い。喉で止まる感じがする」などが挙げられ、
サイズダウン(SizeDown)は、「飲み口滑らかで、お腹にも溜まらない感じがする」と答える方が多い結果となりました。
つまりサイズダウン(SizeDown)は、お腹に溜まりにくく身体へスムーズに吸収される水なのです!

飲料の味わいを左右する水

飲料や料理にとって水は欠かせない存在であるだけでなく、どのような水を使うかによって飲料や料理の味わいを左右します。

スープ、緑茶、酒類の水割りなどにもサイズダウン(SizeDown)

お茶やコーヒーをいれるとき、酒類の水割りをつくるときも、おいしさは茶葉や原料だけでなく水にも大きく影響されます。

サイズダウン(SizeDown)でご飯を炊く

お米をとぐ場合、お米は最初の乾いた状態のときに吸収力があるため、最初にサイズダウン(SizeDown)を注いで少し混ぜてから流し、水道水(できれば浄水器を通した水)で米をといで、最後にサイズダウン(SizeDown)を分量まで入れるとよいでしょう。

サイズダウン(SizeDown)の氷

サイズダウン(SizeDown)で作った氷は、比較的に溶けにくいため、お酒好きのロックアイスとしてもオススメです。

お肌の上からスプレー

乾燥季節や空調の効いた場所にいることで、どうしても渇きやすいお肌の上から対策を。アトマイザー(容器)に入れたサイズダウン(SizeDown)をスプレーしてみてください。お化粧の上からでもOKです。

コットンパックや洗顔に

サイズダウン(SizeDown)をコットンに浸し、普段使用されている化粧水を混ぜて、オリジナルのコットンパックとしてもご活用いただけます。また、しっかりと汚れを落としてくれますので洗顔にもオススメです。

特許要約【水の処理方法:JP 3558783】

特許「水の処理方法(特許 第3558783号)」の一部分をご紹介します。

水の処理方法 日本国特許登録【第3558783号】
水の中に遠赤外線放射率の極めて高いセラミックを水の重量に対して10%以上の重量比となるように浸漬し、
第1種アースが接続された電極を入れ、この状態で一定時間放置する事を特徴とする水の処理方法

水

従来から、水は飲用としてだけでなくあらゆる用途に用いられています。
人体の大部分(70%以上)も水で構成されていることから、水は人体にとって必要不可欠で、
水が持つ役割は極めて重要なものとなっています。
それは、他の生命体にとっても同様です。

水は、水道水、天然の湧き水(ミネラルウォーター)、純水等の処理水等があり、
飲用水としては水道水か自然の湧き水を用いるのが一般的です。
湧き水はそのまま飲まれていますが、水道水の場合は、カルキ等の処理剤や不純物等が混入しているために浄水器が多く使われています。ただ、浄水器は基本的に活性炭で配管の錆びやカルキの臭いを除去したり、特殊なフィルタを使って混入物を除去するもので、水そのものの特性を変えるものではありません。

従来技術

近年、水の分子構造(クラスター)が小さい「クラスター水」を飲むと、
人体の代謝をサポートすることが知られてきており、クラスターを小さくする手段が各種開発されています。
クラスター水と種類としては、高周波還元水、磁気処理水、電子水、酸性アルカリ性電解水等があり、
いずれも電気や磁気エネルギー等で水分子を振動させてクラスターを小さくしています。

従来のクラスターを小さくする方法は確かに水の分子クラスターを小さくする効果がありますが、
人体の代謝サポートに重要な「水を摂取した時に比熱容量や熱伝導率を高めること」が
全く考慮されていないという問題もあるのです。

ここでご紹介している特許「水の処理方法」で作られたクラスター水「サイズダウン(SizeDown)」は、
比熱容量・熱伝導率に優れ、最大酸素摂取量が増加する働きを持っている、
【代謝のサポートに適したクラスター水】なのです。

熱伝導量の比較1:ヒーターで加熱した場合

サイズダウン(SizeDown)と水道水を加熱した時の温度上昇率を測定したデータです。
500ccの水を入れたビーカーの周りに断熱材を巻き付けて、
出力50(500W)の電熱ヒーターに載せて2分間加熱しました。(測定開始温度:27℃±0.3℃)
サイズダウン(SizeDown)と水道水それぞれ10回ずつ測定した結果、以下の表のようになりました。

ヒーター加熱による水の温度上昇測定効果(単位:℃)
回数12345678910
水道水62.361.863.062.261.762.262.862.062.461.9
サイズダウン(SizeDown)69.670.068.969.769.970.169.369.870.069.1

※水道水の平均温度:62.23℃
※サイズダウン(SizeDown)の平均温度:69.64℃

水道水とサイズダウン(SizeDown)では、平均して約7.41℃の温度上昇差が見られました。
この温度上昇を熱量に換算すると、サイズダウン(SizeDown)は水道水に比べて
約17.4%も多くヒーターの熱が伝達されていることになります。
サイズダウン(SizeDown)の分子構造(クラスター)が小さいため、
ヒーターの熱がより多くの分子に接したことが原因だと考えられます。

熱伝導量の比較2:赤外線を照射した場合

サイズダウン(SizeDown)と水道水に赤外線を照射した時の温度上昇率を測定しました。

分光光度計用の光学試験セルに水を入れ、光源としてハロゲンランプを設置させます。ハロゲンランプと光学試験セルの間にハロゲンランプの光を平行光にするレンズを置き、レンズと光学試験セルの間に1100nm以下の光線をカットする光学フィルターを置くと、光学試験セルには近赤外線もしくは遠赤外線が照射されることになります。

ハロゲンランプ照射による、熱伝導比較実験の図

また、光学試験セルの下部分のみに赤外線が照射されるように細い隙間(スリット)を設置しておきます。

光学試験セルに水を4cc入れ、ハロゲンランプを点灯させて21分放置しました。
(測定開始温度:25.5℃±0.3℃)

サイズダウン(SizeDown)と水道水それぞれ10回ずつ測定した結果、以下の表のようになりました。

赤外線照射による水の温度上昇測定効果(単位:℃)
回数12345678910
水道水28.929.128.728.929.228.528.829.028.728.9
サイズダウン(SizeDown)29.629.829.429.929.730.029.629.829.530.1

※水道水の平均温度:28.87℃
※サイズダウン(SizeDown)の平均温度:29.74℃

水道水とサイズダウン(SizeDown)では、平均して約0.87℃の温度上昇差が見られました。
ハロゲンランプからの光が熱線として水に吸収された結果温度が上昇したものですが、
水道水よりもサイズダウン(SizeDown)の方が遠赤外線の吸収率が高いことが判ります。

つまり、サイズダウン(SizeDown)は
・分子構造(クラスター)が小さいために暖まりやすい
・遠赤外線の特徴によって赤外線を効率良く吸収して熱に変換しやすい
といった性質を持っているのです。

最大酸素摂取量

サイズダウン(SizeDown)を摂取した際の最大酸素摂取量を測定しました。

被験者開始前3週目5週目7週目2ヵ月後平均摂取量(ℓ/日)試飲日数
A44.853.153.854.653.91.2060日
B46.248.647.642.445.21.5860日
C49.547.5  53.01.3962日
D50.056.756.2  1.5449日
E49.6   57.21.4334日
F41.242.1  52.90.6257日
G42.246.946.2 46.01.0648日
H44.5   43.32.4040日
I41.642.0  54.91.1360日
J41.243.0  51.11.2660日
K45.9 49.953.551.41.2060日
L53.957.2  58.51.4060日

測定の結果、平均して13.26%の最大酸素摂取量増加が見られました。
これは、サイズダウン(SizeDown)のクラスターが小さいため、
血液中を循環する際に肺の中の毛細血管の隅々まで血液が行き渡り、
しかも遠赤外線の特徴により効率良く代謝がサポートされたために、最大酸素摂取量が増加したと考えられます。

結論

サイズダウン(SizeDown)は、クラスターが小さく、遠赤外線の特長を有することで、
遠赤外線の放射が加わった場合、水の振動数が遠赤外線の波長の振動に変化されていることから、
水分子が共振することとなり、遠赤外線を効率よく吸収して熱に変換しやすい状態となる。
その結果、比熱容量や熱伝導率も向上。人体に取込まれた場合に吸収されやすく、代謝をサポートしやすい。
しかもあらゆる液体に対して適用することができる製法である。

発明者:鵜澤正和
要約:「水の処理方法」日本国 特許登録 【第3558783号】
日本国 著作権登録【第19670号】
米国 特許登録 【US PATENT NUMBER 5965007】

サイズダウン 取扱製品

↑ページの先頭へ